ブログ BLOG

起業家を応援!創業融資~日本政策金融公庫と制度融資〜

創業融資とは起業してすぐ融資を申し込める公的な融資制度「創業融資」のこと。

国や自治体によって違いがあり自身の状況や、制度の条件によって選びます。

 

大きく2つあるのが、日本政策金融公庫の新創業融資制度と、金融機関や各自治体で行なっている制度融資があります。

それぞれのメリットデメリットを大きく3つずつ紹介したいと思います。

 

日本政策金融公庫の3つの特徴

  • 起業家の為に作られた融資制度!

 

融資で必須と言われている、担保と連絡保証人が不要!無担保無保証で上限3,000万円までの融資の可能性があります。事業拡大を考えているならとてもありがたいですよね。

 

  • 自己資金割合が低い

 

融資の審査において自己資金は大きな判断基準となります。日本政策金融公庫の場合、自己資金の割合が1/10以上であればOKとなります。(制度融資の場合は1/2は必要)設立当初は何かと出費が多く、自己資金がないことも考えられるのでとても助かりますよね。

 

  • 申し込みから融資まで早くて1ヶ月!

 

通常2ヶ月〜3ヶ月と言われている融資が1ヶ月でいただけるなんて、とてもありがたいことです。資金の調達が早く進めば、次の一手も練りやすくスムーズな事業計画が実行できると思います。

 

制度融資の3つの特徴

  • 金利が低い

 

融資を受ける上で1番心配なのが返済できるかだと思います。そうなると金利は安ければ安いほうが助かりますよね。

 

  • 自己資金要件の基準が高い

審査で自己資金割合の1/2を必要としているところが多いです。資金に余裕がありなおかつ融資を検討しているという場合に当てはまるかと思います。

 

  • 審査のハードルが低い

起業してまもない会社でも、資金繰りに厳しい会社でも、しっかりとした事業計画、将来の見通しを示せれば、審査が通ります。民間の金融機関に比べてハードルが低く設定されているので、資金さえあれば、という状況にはとてもありがたい制度だと思います。

 

以上、いかがでしょうか?

会社の状況や事業拡大に合わせた融資の方法を選択して、さらなる飛躍を目指してくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後悔しない経営をする為に無料相談をLINEにて承っております。

お1人様、お1人様丁寧にお話を聞くことでその方にあった解決策を導きます。

即レス・低コスト・ハイパフォーマンスであなたのお手伝いをいたします。

経験上どんな事でも相談した方が結果、上手くいく可能性が高いです。

もう少し早く相談してくれればと思うこともあるので、

後悔する前に起業している人も、これからの方も、ぜひお問い合わせください。

会社設立専門の早戸崇倫(はやと たかつぐ)会計事務所

https://hayato-tax.jp/

お問い合わせ CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!

LINEでのお問い合わせ

1.友達申請する

下記から友達申請してください。

友だち追加

2.以下内容を入力しお送りください。

①お名前  ②ご住所  ③ご相談内容

内容を確認し次第、弊事務所からLINEにてご連絡いたします。

受付時間:24時間(年中無休)
ご返信時間:9:30〜18:30

【注意事項】

※ご返信時間外にお問い合わせいただいた内容は、ご返信時間内に順次回答いたします。なおご返信にお時間をいただく場合がございます。また、ご返信の時間指定はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

Chatworkでのお問い合わせ

1.コンタクトを追加する

下記からコンタクト申請してください。

コンタクト追加

2.以下内容を入力しお送りください。

①お名前  ②ご住所  ③ご相談内容

内容を確認し次第、弊事務所からチャットにてご連絡いたします。

受付時間:24時間(年中無休)
ご返信時間:9:30〜18:30

【注意事項】

※ご返信時間外にお問い合わせいただいた内容は、ご返信時間内に順次回答いたします。なおご返信にお時間をいただく場合がございます。また、ご返信の時間指定はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

PAGE TOP
お問い合わせ